検索結果にタイトル以外の言葉が使われる理由が判明

Posted: 2012.2.7

以前のブログで検索結果にh1タグの文言が使われている件について書きましたが、その理由が判明しました。

以下、Googleウェブマスター向け公式ブログより抜粋

ユーザーにどのようなタイトルを見せるかを決めるために、Google では多くのシグナルを利用しています。

もしウェブマスターの方が タグを使っているならば、基本的にはそれをタイトルに用います。しかしどのような検索キーワードに対しても常に <title> タグに書かれているものをそのまま表示してしまうと、ユーザーにとってはそのタイトルは検索キーワードと関連性が低いように見えることもあるかもしれません。

そのような場合にそのページが検索キーワードと関連性が高いものであると気づいてもらうため、Google では代わりのタイトルを生成するアルゴリズムを利用することがあります。Google のテストでは、ほとんどの場合においてこれらの代わりのタイトルの方が元のタイトルよりも検索キーワードに対して高い関連性を示しました。また、これらの代わりのタイトルを使用することによりタイトルのクリック率は大幅に向上しており、検索をするユーザーとウェブマスターの皆さんの双方に役立っていました。

これが Google が代わりのタイトルを表示する理由の半分です。

検索結果によりよいタイトルを