MovableType-エントリーの数で内容を変える

Posted: 2009.12.12

カテゴリやサイドメニューでエントリーの数に応じて表示を変える方法です。
MovableTypeをCMSとして利用した際に役に立つと思います。

<mt:SetVarBlock name=”entry_num”><$mtEntriesCount$></MTSetVarBlock>
<mt:if name=”entry_num” eq=”1″>
【エントリーが1件の場合の表示内容】
<mt:elseif eq=”0″>
【エントリーが0件の場合の表示内容】
<mt:else>
【それ以外の場合の表示内容】
</mt:if>

上記をカテゴリテンプレートや、サイドバーテンプレートに記入すれば、エントリーの数に応じて表示を変えることができます。

 

MovableTypeで知っていると便利な条件分岐

Posted: 2009.8.12

MovableTypeを使ってホームページを作成するときに、ヘッダー部分などインデックスページと一覧ページと詳細ページとTitleタグの中身やKeywordの中身などそれぞれ変えたいと思いますが、この条件分岐を知っていれば簡単にテンプレートで内容を変えることができます。

これを知っていればテンプレートを減らすこともできます。

それぞれのテンプレートに名前をつけます。
※それぞれのテンプレートの一番初めに以下のタグをつけます。

indexなら

<MTSetVar name=”main_index” value=”1″>

一覧ページなら

<MTSetVar name=”list” value=”1″>

詳細ページなら

<MTSetVar name=”detail” value=”1″>

まぁなんでも良いと思います。

それからテンプレートで内容を変えたい部分に

<MTIf name=”main_index”>トップページにだけ表示させたい内容<MTElseIf name=”list”>一覧ページにだけ表示させたい内容<MTElseIf name=”detail”>詳細ページにだけ表示させたい内容<MTElse>その他</MTIf>

上記3つのテンプレート以外にもSetVarで名前さえつければ分岐できると思います。

例:Keywordタグで使うと

<meta name=”keywords” content=”<MTIf name=”list”><$mt:ArchiveTitle$><MTElseIf name=”detail”><MTIf tag=”EntryKeywords”><$mt:EntryKeywords$><MTElse><$mt:EntryTitle encode_html=”1″$></MTIf><MTElse>ここに共通で表示させたいキーワードを入れる
 
|

代表ブログ MovableTypeカスタマイズ ECCUBEカスタマイズ ホームページ制作の下請け
WordPressカスタマイズ