ヤフーの検索エンジンをグーグル提供

Posted: 2010.7.28

「日本のYahoo!の検索エンジンがGoogleの検索エンジンになる!」

衝撃的なニュースが飛び込んでまいりました。

また、僕にとってはかなり嬉しいニュースです。

なんでも米Yahoo!が検索エンジンとしてMSNのB-ingを導入するにあたり、これまで米Yahoo!の検索エンジンを利用していた日本のYahoo!は別の検索エンジンを探さなくてはいけなくなったそうです。

同じ系列の会社なのに、なんでB-ingを使わないのか?と疑問ですが、世界一の検索エンジンである、Googleの検索エンジンを使うのが最も理にかなっているということだったようです(実際にはYahoo! Japanの筆頭株主であるSoftBankが関係しているようですが)。

Googleの検索エンジンを利用する、とはいってもYahoo!なりに手は加えるようなので、検索結果は違くなるようですが、オリジナルがGoogleならSEO対策も僕にとってはやりやすくなるかとおもいます。

これまでのYahoo! Japanの検索結果は被リンク数が多いものほど上位にあって、いうなれば金を払ってリンクを買えば上位に来る、といった印象でした(あくまで個人的な見解です)。

しかしGoogleではサイトの作り方さえきちんとしていれば結構上位にくるので、サイト制作の技術(コーディングの技術)さえあれば上位表示はそれほど大変ではないと思います。

サイトの作り方と書きましたが専門的には

XHTML(strict推奨) + CSS

でh1,h2などのタグを上手く使った制作方法です。


【弊社作成サイトのGoogleでの検索結果】

■弊社ホームページ
・ホームページ制作 神奈川 1位
・ホームページ制作 川崎 1位
・ホームページ制作 岐阜 3位

■ブルームラボ様
・保育士 求人 2位

■新東海ダイカスト様
・ダイカスト 岐阜 4位

■孫六刃物製作所様
・包丁 通販 5位
・ダマスカス包丁 通販 2位

■jite様
・レッドパイン ドア 2位

■三九朗病院様
・リハビリ 豊田 2位

■ホーミー英会話教室さま
・英会話 関市 1位

(※順位は7/28日現在のものです)

こんな感じで1ページ目にはほとんど表示されています。

SEO対策として行ったことは内部の作りこみだけです。

あと弊社で利用している更新システム「Wordpress」もGoogleの検索エンジンと相性がいいようなので、MovableTypeよりもさらに利用者が増えるのではないでしょうか。


上記のことからも、今回のYahoo!とGoogleの連携はホームページ制作をしている会社にとってはいろいろ変化を強いられるのではないかと思います。

▼詳しい内容はこちら
ヤフーの検索エンジンをグーグル提供 シェア9割、「独自性」発揮できるか

タグ:


代表ブログ MovableTypeカスタマイズ ECCUBEカスタマイズ ホームページ制作の下請け
WordPressカスタマイズ